お腹

血糖値を下げる事で保たれる健康|インスリンとは何かを理解しよう

糖質の摂取が原因

女の人

ホルモンによって調節

血液中のグルコースの濃度のことを血糖値と呼びます。9時間絶食して計測する血糖値を空腹時血糖値と言いますが、この値が80から110であれば健康、110から130であれば正常、130から160であれば普通、160以上では不健康となります。血糖値が高い状態を高血糖と言います。高血糖になると様々な病気のリスクが発生するため、早急に対処しなければならないと言われています。血糖値を調節しているのは、インスリンとグルカゴンというホルモンです。インスリンとは血糖を下げるホルモンのことで、グルカゴンとは血糖を上げるホルモンのことです。血糖値の異常が見られる糖尿病の場合には、インスリンの作用が低下した状態なので、血糖の病的な上昇が確認されます。

糖質制限と食物繊維の摂取

糖尿病をはじめとした様々な生活習慣病予防には、血糖値を上げないようにしなければなりません。そのためには、糖質の摂取を控えることが最も効果的だと言われています。糖質とは糖分のことで、甘いお菓子やジュースなどにたくさん使われている砂糖がそれに当たります。普段の食事で主食として食べているご飯やパン、麺類などにも糖質が豊富に含まれています。これらの食品の摂取を控えると、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。また、糖質を摂取する際に、食物繊維を一緒に食べることで血糖値の上昇を緩やかにすることもできます。それに加えて、便秘解消効果によって腸内環境を整えることもできるので一石二鳥と言えます。食事で野菜を増やすことはもちろん、高食物繊維の健康食品などを摂取することでも同じ効果が得られます。健康食品は、非常に便利で効果的だとして、近年非常に需要が高まっています。

注意したい事と今後の予測

太った男性

血糖値とは血中に含まれるぶどう糖の数値です。高血糖は、さまざまな病気を引き起こします。検査に臨む際の、数値をコントロールする行為は危険です。インスリンが減少した場合、上昇するのが血糖値です。高血糖は糖尿病やアルツハイマー病に関わりがあります。医療技術が発達し、治療の希望も高まっていくと予測されます。

もっと読む